インバウンド頼みの業者さんは、コロナ禍でどうしても今は新規申請を躊躇されているかもしれませんね。

ただ、来年のために、将来のために・・と申請をされる方もいらっしゃいます。

 

近畿運輸局のサイトや他の行政書士さんのサイトでは、許可までの細かな行程を見つけることができなくないですか?

具体的な流れは、実際に数多く都市型ハイヤー(タクシー)申請・許可を手掛けていないと書けませんからね。

 

都市型ハイヤー(タクシー)の申請から許可通知までの行程は下記のようになっています。

 

1.申請書類を3部作製します。2部を営業所管轄の運輸支局に提出します。

(1部は本局、1部は運輸支局、受付印のある1部は控えとなります。)

2.申請日の翌月中旬頃に常勤役員が法令試験を受験します。

(申請した際に、日程はわかります。受験者を運輸局にFAXなどで提出します。)

3.法令試験合格後、資金の残高証明書の提出指示があります。(2日分が指定されます。)

4.運輸局本局で、役員等のヒアリングが実施されます。

(事業に関する考えを代表や役員に答えてもらいます。凡その現地調査日程がわかります。)

5.ヒアリングされた内容などを「調査票」として起票し、FAXします。

(原本は現地調査時に運輸局担当に渡します。)

6.運輸局担当者による現地調査があります。

(営業所内確認、車庫の測量、代表役員への質問、帳票類の準備があるかなど)

7.現地調査の際に、質問された帳票類(日報、点呼簿、教育指導計画)を、後日提出します。

8.書面審査(運行管理体制、資金計画など細かく審査され、補正指示等があります。)

9.運輸支局から許可通知の連絡があり、登録免許税(3万円)を納付します。

 

・・・1.から9.の期間がザっと3か月強程度。そして、開業準備をしていく流れになります。

当事務所では、ヒヤリング、現地調査などにも同席し、帳票類などのアドバイスもさせていただきますので、どうぞご安心くださいね。

 

 

お気軽にお問合せください

都市型ハイヤー、タクシー、貸切バス、トラック運送など運送業許可申請に関して、ご不明なことやご相談がありましたら、お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

 

images (31)

お電話での問合せ・相談

まずは「運送業許可の件で」とお電話ください。
06-7165-6318

<受付時間 10時~18時>

※業務の都合上、電話に出られない場合があります。留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。のちほど当方よりご連絡差し上げます。

メールでの問合せ・相談

365日・24時間、いつでも受付中です。
お問合せいただた内容については、原則24時間以内にご連絡させていただきます。

■お問合せ・ご相談項目(必須)(✔を入れてください)
一般貨物運送業申請都市型ハイヤー申請貸切バス申請レンタカー業申請介護タクシー申請その他

■お名前/会社名 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号(必須)

■問合せ・相談内容(必須)

TOPページへ >>>