一般貨物自動車運送事業許可の要件で、

やはり最初に検討するものは資金計画であり、特に自己資金です。

 

 

「自己資金がいくらあれば許可を取得できますか?」という質問をよくいただきますが、

事業者様の事情によって異なってくるので、いくらあれば良いですとは、お答えできません。

 

どの場所に、どのくらいの規模の営業所・車庫などの施設を設置するのか、

事業に使用する車両の台数、最大積載トン数、装備、

その車両は新車で購入するのか、中古車を購入するのか、車両はすでに所有しているのか

こういった事業計画の内容により事業開始に必要な自己資金額は異なってきます。

 

事業用施設の賃借料や車両5台分のリース料などを合算した所要資金は、

一般的には1,000万円以上になると思います。

 

資金計画のポイントは、事業の開始に要する資金(所要資金)の見積が適切なものであり、

その所要資金の合計と同額もしくはそれ以上の自己資金が必要です。

所要資金とは、車両費+建物費+土地費+保険料+各種税+運転資金+登録免許税の合計です。

 

自己資金で注意する点は、申請日以降許可日までの間、

常時確保されていることが必要ということです。

 

実際は、許可申請時と運輸局が指定した日の2回の確認があり、

金融機関が発行する残高証明書で証明することになります。

 

お気軽にお問合せください

運送業許可申請に関して、ご不明なことやご相談がありましたら、
お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

 

images (31)

お電話での問合せ・相談

まずは「運送業許可の件で」とお電話ください。
06-7165-6318

<受付時間 10時~18時>

※業務の都合上、電話に出られない場合があります。留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。のちほど当方よりご連絡差し上げます。

メールでの問合せ・相談

365日・24時間、いつでも受付中です。
お問合せいただた内容については、原則24時間以内にご連絡させていただきます。

■お問合せ・ご相談項目(必須)(✔を入れてください)
貨物運送業新規申請旅客運送業新規申請貸切バス新規申請都市型ハイヤー新規申請レンタカー事業申請その他

■お名前/会社名 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号(必須)

■問合せ・相談内容(必須)

TOPページへ >>>