一般貨物自動車運送事業の経営を開始するためにご依頼主様が、当事務所に相談されてから、申請準備~運輸開始までの基本的な流れは以下のようになっています。

ただし、近畿運輸局の管轄内に主たる事務所を置く事業主様の申請を想定していますので、他管轄の地方運輸局に申請する場合は当該地方運輸局に確認する必要があります。

貨物運送事業の申請~許可~運輸開始までの流れ

① 許可申請の打合せ・ヒアリング
事業計画、許可要件についての確認をします。

② 事業計画内容の調査等
施設要件(営業所・車庫などの現地調査、写真撮影・測量)、人的要件(資格者・運転者など)、財産的要件(資金試算など)を確認します。
営業所・車庫については都市計画法などに抵触しないかどうか?初期資金は、改正によってかなり大きな金額が必要になりましたので、綿密な打合せをさせていただきます。

③ 申請書類作成
法人登記簿、土地建物登記簿、公図、測量図などを必要に応じて当事務所で収集します。申請書類完成後、書類に押印をお願いします。

④ 申請書類の大阪運輸支局に提出
当事務所で申請します。毎月月末に運輸支局で締め切られます。

⑤ 法令試験の受験~合格
申請日の翌月以降の奇数月10日前後に法令試験が実施されます。常勤の役員様が受験します。最近は試験傾向がかなり変わってきていますので試験対策の学習が必要です。

⑥ 書類内容の審査(近畿運輸局)
審査中に補足資料や確認などの「補正」対応を当事務所でさせていただきます。

⑦ 近畿運輸局から新規許可連絡
一般貨物自動車運送事業の許可の標準処理期間は3~4ヶ月。許可証と登録免許税(12万円)の納付書が交付されます。
※「許可の日から1年以内に運輸を開始すること」が条件です。

⑧ 運輸開始のための準備
・運行管理者、整備管理者の選任届の提出
・選任する運転手の確定
・社会保険関係の加入など
・事業用自動車等連絡書の作成

⑨ 「一般貨物自動車運送事業の運輸開始前の確認について」の提出
上記書類を提出し、事業用緑ナンバーに替えます。(車両を新規または移転登録)

⑩ 運輸開始届の提出、運賃・料金設定届の届出
全車両に任意保険を付保し、運輸を開始します。

 

この流れが進行する中で、変更事項が発生したりすることもありますが、修正訂正なども、丁寧にサポート、アドバイスをさせていただきますのでご安心ください。

 

お気軽にお問合せください

運送業許可に関して、ご不明なことやご相談がありましたら、
お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

 

images (31)

お電話での問合せ・相談

まずは「運送業許可の件で」とお電話ください。
06-7165-6318

<受付時間 10時~18時>

※留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。
のちほど当方よりご連絡差し上げます。

メールでの問合せ・相談

365日・24時間、いつでも受付中です。

■お問合せ・ご相談項目(必須)(✔を入れてください)
一般貨物運送業申請都市型ハイヤー申請貸切バス申請レンタカー業申請介護タクシー申請その他

■お名前/会社名 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号(必須)

■問合せ・相談内容(必須)

TOPページへ >>>