一般貨物自動車運送業経営許可

一般貨物用自動車事業は、他人の需要に応じ、有償で、貨物自動車(トラック)を使用して貨物を運送する事業です。但し、三輪以上の軽自動車及び二輪の自動車を除き、特定貨物自動車運送事業以外の事業です。

一般貨物自動車運送事業は、道路運送法に規定する「自動車」を使用しますが、運輸支局長が発行した自動車検査証の「用途」が『貨物』で、「自家用・事業用の別」が『事業用』である必要があります。

運送業関係の許可申請の中でも一般貨物自動車運送業経営許可申請はもっとも要件が厳しく、許可取得に3~4ヶ月の期間がかかりますが、更新期間が定められていないため一度取得すると何年かごとに更新手続をする必要はありません。

★一般貨物自動車運送業経営許可>>>

貨物利用運送事業

貨物利用運送事業とは、荷主と運送契約をして、自らは運送をおこなわずに運送事業者の運送を利用して行う事業で、第一種貨物利用運送事業(登録)と第二種貨物利用運送事業(許可)に分けられます。

「第一種貨物利用運送事業」とは、他人の需要に応じ、有償で、利用運送を行う事業です。

「第二種貨物利用運送事業」とは、他人の需要に応じ、有償で、船舶運航事業者、航空運送事業者または鉄道運送事業者の行う運送に係る利用運送とその利用運送に先行し及び後続する利用運送に係る貨物の集貨及び配達のためにする自動車による運送とを一貫して行う事業です。

また、一般貨物自動車運送業許可の際に利用運送事業を申請することも可能です。

★貨物利用運送事業許可>>>

レンタカー事業許可申請(自家用自動車有償貸渡許可申請)

最近は自動車を持たない人が増えています。必要な時だけレンタカーを利用するという生活スタイルも多くなっています。

その時流のなかで、自動車購入者の減少に対処するために中古自動車販売・自動車整備工場 ・ガソリンスタンドの事業者の間で、事業拡大・新規参入として最適なレンタカー許可(自家用自動車有償貸渡許可)が注目されています。また、海外からの観光客(特にリピート客)が、自由に移動が可能なレンタカーを利用するケースも増えています。

★レンタカー事業許可>>>

自動車運転代行業

当たり前ですが、飲酒運転の取締りが厳しくなっている今こそ運転代行業は新規事業として狙い目です。
運転代行業は自動車1台と2人(うち1人は二種免許要)の運転手、そして営業用の電話さえあれば自宅を営業所にして営業を始めることができますから少ない元手で始められるビジネスです。

★自動車運転代行業許可>>>

 

✉お問い合わせはこちらから(メール24時間受付)
☏ 06-7165-6318 (10:00~17:00)